トップへ戻る

育毛剤と発毛剤でAGAを治療

育毛剤と発毛剤でAGAを治療

目立ってしまう男性のコンプレックス、それは「薄毛」に他なりません。もしあなたが薄毛、直球で言えばハゲていた場合どうしますか?諦めますか?それとも何か対処しますか?私ならどうにか髪を生やそうとします。そして実際そのような商品や療法はゴマンとあります。このサイトでは取り上げていませんが今や女性も薄毛になる時代です。仕事のストレス、食生活の変化、昔とは変わっているためこういった傾向が見られるのです。

対処法としては育毛サロンが昔から有名です。TVコマーシャルでもよくやっていました。否定するわけではありませんが、最初だけは(つまりお試し)無料であったり格安だったりしますが次回以降は正規料金で行われるところが多いでしょう。なかなか高いです。私も行ったことあるのですが高いです。何回か通いましたが思ったような結果は出ません。高いだけで知っていることばかりを説明されました

育毛サロンは本当にお金がかかります。そういった場合、育毛剤・発毛剤を使ってみる方法が最も手軽ではないでしょうか?近所の薬局でも見かけますから手にしやすいというのもあります。

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤・発毛剤は一緒に括られる事が多いですが厳密に言えば違います。育毛剤とは簡単に言えば今ある髪を抜けにくくするための薬です。髪に栄養を与えて抜け毛や薄毛を予防するために使います。要するに髪の質を高めて現状維持を図るのが育毛剤。発毛剤は髪を生やすために使います。髪を作る毛母細胞に働きかけ、抜け落ちてた部分から生やす力の強い薬です。医薬品に分類されることが多いのも特徴と言えるでしょう。

当サイトでは医薬品についてお話しています薄毛に関してはとても高い効果を発揮します。先程も言いましたが育毛剤は今ある髪を強くし抜けにくくするために使う薬。発毛剤は細胞を刺激し、髪を生やすための薬。ご紹介する薬に関してはどちらの効果も当てはまるので今回このような形式にしてみました。

男性を悩ませるAGA

男性の脱毛症で最も多い疾病としてAGAがあります。男性型脱毛症とも言い、症状として頭頂部や生え際から段々ハゲてきます。AGAを罹患している方はこのように特徴的なハゲ方をするためとても分かりやすいです。経験者として私も生え際からハゲてきました。それならばまだ分かりやすいですが、頭頂部だと自分では分かりにくいです。結果、他の人に気付かれ指摘されるというパターンが多いでしょう。自分で気づくのももちろんショックですが、他の人から指摘されるのはかなりへこみます。

そういう場合、育毛剤・発毛剤を使い予防または既に脱毛した髪を発毛させれば回復します。毎日継続利用することで高い確率で髪は生えてきます。医薬品なので当然といえば当然でしょう。数ある育毛剤・発毛剤の中で医薬品に指定されている、いないではやはり信頼性が違います。AGAの原因は男性ホルモンですのでまずはそれを抑えれば良いわけです。そういったわけで続いては早速その薬についてご紹介しましょう。

AGAを治療する育毛剤・発毛剤

AGAに使うため、「AGA治療薬」と呼ばれることが多いです。何回も言っていますが今回当サイトでピックアップしている育毛剤・発毛剤は医薬品であるため処方箋が必要な処方箋医薬品になります。効果が高い分、副作用も強いためそのような処置が取られています。

最新のAGA治療薬、ザガーロ

最新のAGA治療薬、ザガーロ

まず始めに紹介するのはザガーロ。2016年に発売された最新の薬です。この薬は男性ホルモンを抑えるので、どちらかというと脱毛を止める働きのほうが強いです。AGAになると特徴的なハゲ方をすると言いましたが髪質も変化してしまいます。通常であれば髪は割と太いですよね?しかしAGAの男性はとても細くそして短いんです。それもまた男性ホルモンが関係しています。

ザガーロを使うことでそれらを一気に解決することができ、発毛も促します。次に紹介するプロペシアよりも発毛力は1.6倍もあるので脱毛を阻止して髪を生やしたいのであればザガーロが特におすすめです。

第一線で活躍するプロペシア

第一線で活躍するプロペシア

AGAに対する育毛剤として世に名高いのがプロペシアです。まだザガーロは発売されたばかりですのでAGAの薬といえばプロペシアを先に連想する方が多いはず。発売から10年近く経ち、日本製のジェネリックも多数販売されています。こちらも男性ホルモンを抑えることで脱毛を阻止します。

また髪を太くし成長させるためある意味育毛剤と言ったほうが正しいかもしれません。ヘアサイクルという髪の生え変わりの周期を正しいものにするため発毛にも影響してきます。これはザガーロも一緒なのですがプロペシアの方が少し弱めです。とは言うものの大多数の方はプロペシアで十分対処できますので安心して下さい。

発毛促進に長けたロゲイン

発毛促進に長けたロゲイン

最後に紹介するのがロゲイン。こちらは大手製薬会社のファイザー製薬から発売されている発毛剤になります。ザガーロ、プロペシアが抜け毛を阻止する効果を持っているのならば、ロゲインは髪を生やす作用をもたらします。分けるとするならば発毛剤に分けられますね。

ロゲインは上2つの薬と違って飲み薬ではなく塗り薬です。有効成分はミノキシジルと言い、血管を拡張させる働きを持っています。血流が活発になり栄養が頭皮や毛根へ行き渡りやすくなり髪の成長を助けるのです。また毛母細胞、毛乳頭細胞も活性化し抜け落ちていた髪も生えてきだします。

ちなみにロゲインは海外でしか販売されていません。ですが日本にいながらでも購入出来ますのでご安心下さい。ただ日本版のロゲインというのもあり、恐らく聞いたことがあるのではないでしょうか?リアップです。日本の大手製薬会社の大正製薬から販売されており成分量も1%、2%、5%とほぼロゲインと同じラインナップのため使い方も変わりません。ただロゲインと比べると価格が高い点がネックです。

ご紹介した育毛剤・発毛剤は通販でお得に!

ご紹介した育毛剤・発毛剤は通販でお得に!

発毛剤のロゲインを除けば今回ピックアップした育毛剤は処方箋医薬品であるため医療機関へ行く必要があります。しかし何かしら生活へ影響が出るわけではないのですぐに行かなくても良いと考え医療機関へ行くのが億劫になってしまいますよね?または仕事が忙しいからとか、知り合いに通院しているところを見られるのが恥ずかしいという方もいらっしゃるはず。それにロゲインに関して言えば日本では売っていません。どうやって購入すればいいんだ?とお思いでしょう。

そういったケースで購入を躊躇っている方は海外医薬品の通販を使ってみましょう。海外で販売されている薬をインターネットを使い購入するんです。今や簡単に買える時代になりました。個人輸入とみなされるので処方箋が必要な薬を購入する場合も貰う必要がありません。またその際は手続きが必要なのですが、通販サイトを運営している輸入代行業者が行ってくれるため簡単に注文が出来ます。

しかも日本と比べ価格が安いため、経済的な節約も出来ちゃいます。それよりもさらにリーズナブルなジェネリックもあるのでよりお得に買いたいのであれば選んで損はありません。通販を利用するということは医療機関に使う時間の節約と商品代金の節約に繋がります。忙しい方、なるべく安く買いたい方、誰にも知られたくない方など、数々のニーズに応えてくれるのです。育毛剤・発毛剤を買うなら絶対お得な通販を利用しましょう!