トップへ戻る

ザガーロの特徴

ザガーロの特徴

ザガーロは育毛剤・発毛剤の中でも比較的新しい商品で、今まで販売されていた商品よりも更にAGAの改善に期待できると呼び声が高いです。原因として、頭皮にとってはあまり多くいては困る男性ホルモンの存在があります。このホルモンを作り出す酵素が活発になればなる程、髪の毛や頭皮にとってはあまり都合が良くありません。

ザガーロは、この酵素が活発になるのを防ぐ役割があり、今まではこの酵素のうち2種類の役割しか阻害できなかったところを更に3種類も防ぐことから、より発生しにくく、その分頭髪の環境が格段によくなることに繋がりました。発毛効果も高く、ザガーロだけでも髪を増やすことも可能です。

ザガーロの効果・効能

ザガーロの効果・効能

有効成分はデュタステリドといい5α還元酵素阻害薬ともいわれ、テストステロンを代謝し強力な男性ホルモン(DHT)を生成する5α還元酵素を抑制する効果を持っています。DHTは毛乳頭細胞にある受容体と結合することでヘアサイクルを乱してしまいます。ヘアサイクルとは髪の生え変わりの周期のことで通常であれば長い年月をかけそれが行われるのですが、乱されてしまうと髪の成長が止まってしまい、その周期も早くなるため脱毛が加速してしまうのです

同じ5α還元酵素阻害薬であるプロペシアは2型のみを抑えます。脱毛効果としては2型のほうが強いのですが、1型もまた脱毛の原因として見逃せません。ちなみに1型は全身の皮脂腺にあり、過剰に皮脂が分泌されている場合それを抑えることで絶大な効果を発揮します。

2型については毛乳頭内に多く存在しています。AGAでよく見られる脱毛の部分である生え際や頭頂部に多いのです。なぜここがハゲやすいのか?理由が分かりましたね。しかし1型に関しては前頭部、後頭部に多く存在しこの部分は比較的ハゲにくい部分です。もしもこの部分に脱毛が目立つようであればザガーロを使って下さい。

ザガーロは脱毛作用の強い2型、そして1型も抑えられるためプロペシアよりも広い範囲に効果をもたらします。今までどうも効かなかった、と思った場合一度切り替えてみて下さい。もしかすると1型のせいで脱毛が促進されていたという可能性がありますので効果は抜群かもしれませんよ。

ザガーロの副作用

ザガーロの副作用

男性ホルモンを抑えるという点からも察することが出来るように、男性機能の低下が良く報告されています。その為精力減退、勃起しずらいなどのEDの症状を発症しやすくなるのです。また蕁麻疹の発生なども報告されていますのでもしも発現した場合には医療機関で相談をしましょう。プロペシアよりもその発症率は高いといいますが、調査結果によれば17%の方にしか見られないため、安全に使用できる薬です。

使用禁忌について

男性ホルモンを抑えるということから、妊婦や女性への扱いには厳重な注意をして下さい。特に妊婦の方(男児を妊娠している場合)は、抑制作用によって胎児の性器発育が未熟になる可能性が指摘されています。それと皮膚から吸収してしまう可能性があるので、女性もそうですが未発達の幼児にも触れさせることも厳禁です。

更に錠剤ということもあり、体内に取り込むことから成分が体液にも含まれてしまいます。服用している間は輸血も禁止ですし、精液が女性の体内に入る子作りも禁止です。

ザガーロの服用方法

服用方法は1日1回1錠飲むだけです。その為、市販でも販売されている液体などの外用液と違い、何度も頭につけるなどの手間は不要です。効果については大体半年を目安とされていますが、半年後にはかなりフサフサされている方も多く、こうした点からも今まで販売されていた薬よりも効果が早く出やすいと言えるでしょう。

ザガーロを通販

サガーロについては、専門病院にて処方してもらえますが、市販では購入できません。それ以外の方法となると、今流行りの通販で入手する手段があります。インターネットを使えば誰でも購入が出来ます(年齢制限はありますが)。大手のショッピングサイトのように選んで注文するだけなので簡単にザガーロを購入することが出来ます。

ザガーロを通販

海外のザガーロ(アボダートという商品名)は、日本の医療機関で処方されるより安く購入出来るのが特徴です。より安く、そして医療機関へ行く手間を省くのなら通販を利用するしかありません。ただ1~2週間到着に時間がかかりますので、すぐに使いたいのであれば医療機関で処方してもらいましょう。

新しい育毛剤・発毛剤ではあるのですが海外製のジェネリックが既に発売されています。ジェネリックの特性である安さは当然ながら効果も同等のものが得られると評判です。よりリーズナブルにお求めになるのであればジェネリックの購入もおすすめします。