トップへ戻る

プロペシアの特徴

プロペシアは、先も触れたように日本国内では初めてAGAの治療薬として認められた薬になります。有効成分はフィナステリドというザガーロと同じ5α還元酵素阻害薬に分類されています。その作用が脱毛を止めて、やがて髪が生えてくる環境へと整えていくのです。

プロペシアの効果・効能

プロペシアの効果・効能

5α還元酵素は頭皮以外にも前立腺に存在するのですが、テストステロン(男性ホルモンの一種)と結びつくことでDHTという男性ホルモンを生成します。この過程は男性であれば誰の体内でも起こっていることなのですが、これが過剰になると毛根に間違った命令を流してしまい、それによって生えてくるはずの髪の毛の成長が止まったり、伸びるはずの髪の毛が伸びなかったりという状況が発生します。

最終的には髪が生えるサイクルに悪影響を及ぼし、成長が止まった髪の毛はただ抜けるだけ、毛根は長期休眠してしまうことになって薄毛やハゲになるといった状況を起こします。AGAの方の髪質が細長く短いのにはこういった理由があるんです。その状況を変えるためヘアサイクルを乱す働きを抑える必要があるのですが、プロペシアを使うことで2種類の酵素の働きを抑制。結果脱毛の進行を抑え、長期的には改善され質のいい髪へ戻ることが可能になるのです。

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用

副作用についてはザガーロ程ではありませんが、一部性欲減退などを感じる人もいるようです。男性ホルモンを抑えてハゲを改善するのでどうしても男性機能の低下は防ぎようがありません。ただ臨床試験では偽薬を飲んだ時とあまり変わらないという結果が出ていることから、精神的な部分が大きい可能性が高いとも言われています。それ以外だと胃腸の不快感や下痢などの発症が報告されています。

プロペシアもザガーロ同様、幼児など成長が未発達な子供や妊婦などが触れてはならない薬になります。勿論、輸血や精液が女性の体内に入る子作りも禁止です。その理由としては男性ホルモンを抑制するため。女性にも体内に微量に存在する男性ホルモンに影響しかねず、更に体内に赤ちゃんがいれば、生殖器の発育にも大きく影響してしまう場合が強いため禁忌事項として言われているのです。

ちなみにFDA(アメリカ食品医薬品局)により評価される胎児危険度分類というものがあるのですが、プロペシアの有効成分フィナステリドは最も危険な「X」に指定されています。そういった理由で妊婦、胎児、幼児などには絶対に触れさせるようなことが無いようにしなければならないということです。

プロペシアの服用方法

プロペシアの服用方法

服用方法は1日1回とザガーロと同様です。また、ミノキシジル成分を含んだ薬との併用も可能なので、合わせて使うことでより早く強力な増毛を望む方も増えています。事実、併用された方の方が数か月早く結果を感じているという報告も多数見受けられています。

ロゲインというミノキシジル外用薬(液状や泡状があります)を使用してその相乗効果をぜひ試してみて下さい。プロペシアで脱毛を止めて、ロゲイン(ミノキシジル)が髪を生やす力を高めるため相乗効果を生み出すのです。この後すぐにご紹介する購入方法でしか手に入れることが出来ないので最後までぜひご覧になって下さい。

プロペシアを通販

入手方法は医療機関でのみ処方される処方箋医薬品になるため、プロペシアを所望するのであれば必ず医療機関に行き医師から処方せんをもらわなければなりません。しかし今の世の中とても便利になったもので、インターネットを使い通販で購入することも出来るようにもなっています。その際処方せんは必要ありません。なぜなのか?

その答えは海外医薬品を販売しているサイトだから。そのため海外から購入するという形になり個人輸入として取り扱われるからです。その際には処方箋は必要ありません。また医療機関よりも安い価格で販売されているため節約になります。もっと安く買いたいのであればジェネリックを購入する方法もあります。先程触れたロゲインは海外でのみ販売されておらず、通販を利用すれば海外の薬も購入出来るわけですから問題無く手に入れる事が出来るのです。