トップへ戻る

ロゲインの特徴

ロゲインの特徴

ロゲインは、海外でAGAを改善する育毛剤・発毛剤です。有効成分はミノキシジルになりますが、本来AGAの治療薬として開発されたものではありませんでした。これらの薬にありがちなのですが、ミノキシジルも例に漏れず血管を拡張する作用があることから、高血圧を医するために作られたものでした。

現在もこうした治療に使われており、経口薬についてはAGAの治療薬としての販売を認めていません。それだけ口から体の中に直接入れる薬品は、大きく体に影響するということなのです。大きな有効点は、はっきりとした明文化がされていない部分でもありますが、製薬会社の報告内容によると髪の毛の元となる毛包への影響が大きいとされています。

ロゲインの購入方法

日本では承認されていない医薬品のため、ロゲインは国内の医療機関ではなく通販で購入しなければ入手出来ません。通販は海外の薬を取り扱っているため、処方箋無しで購入することが可能なのです。但し、国内の製薬会社で販売されているミノキシジルを使った外用薬であれば、市販で購入することもできます。リアップと聞けば誰でも知っているでしょう。ただ価格を比較するとロゲインの方が2000~3000円ほどお安く購入出来るということを付け加えておきましょう。ちなみに成分量はどちらも一緒です!

また、通販ではプロペシアと併用して使われることも多いミノタブ(ミノキシジルタブレット)と呼ばれる経口薬も取り扱っているサイトもあるようです。これが冒頭でも触れた、高血圧を治療するための治療薬。その治療薬を発毛に充てるという大胆な商品でもあります。非常に効果が強いので異常を感じた場合はすぐに医療機関へ行きましょう。

ロゲインの効果

ロゲインの効果

効果ですが、先にも触れたように、毛包と呼ばれる毛を包むと書いてある通り、毛根から毛までを包んでいる部分、いわゆる毛穴全体に影響を及ぼします。この細い筒状の部分を広げることでより太い髪の毛を生み出すとともに、毛母細胞にも働きかけてより毛の元となるたんぱく質の合成を活性化させるなどして毛を伸ばし太くするというのがこの成分の作用になります。

頭も含む全身の血管が拡張されるということは、それだけ栄養を運ぶ血液もスムーズに流れます。そうなれば、毛母細胞に運ばれる栄養もより多く運ばれやすい状況になるので、こうした効能が生まれるのでしょう。それにより質の良い髪に成長します。太くコシ・ツヤのある髪を生やすため、ロゲインを継続利用をしていきましょう。

ロゲインの副作用

副作用ですが、外用薬であるロゲインについては頭皮の痒みが多く報告されています。主成分以外の成分がアレルギー反応を起こす場合が多く、比較的出やすい症状と言われています。それ以外でもむくみやほてりなどがあるようです。また血圧を下げる作用があるためもしかすると過剰な血圧低下を招く可能性もあります。その場合使用を中止し、医療機関で相談をして下さい。

また滅多に無いと思いますが性欲減退の報告もございます。ザガーロ、プロペシアのように男性ホルモンを抑えるわけではないのですが一応覚えていて下さい。

ロゲインの使い方

ロゲインの使い方

1日2回頭皮に擦り込むというのが使用方法になりますが、頭皮に塗ってからはドライヤーなどで乾燥させると揮発してしまうので自然乾燥が良いと言われています。また、成分が十分に頭皮に浸透するのに4時間ほど必要なので、その間髪の毛や頭皮が濡れたりしないようにする部分でも注意が必要でしょう。夜寝る前と朝出勤前などが使うのにいいタイミングかもしれません。