トップへ戻る

通販の利用でお得に購入

通販の利用でお得に購入

インターネットを使って利用出来る海外医薬品の通販では、先発薬に限らずジェネリックまで幅広く揃えています。法律上、個人で使用する分には自己責任という部分では、場合によっては大きなリスクも伴うかもしれませんが、自身で服用を調整するなど些細な体調の変化に気を付けていれば大きく得をする部分にもなります。

まずは医療機関のメリットから

医療機関を利用すれば、自身の体調面や薬についての使用方法など細かい部分をその場で医療のスペシャリストである医師に聞く事もできるし、その日に薬が手に入るのですぐに治療を始められるという利点も沢山あります。ですがそうしたサービス的な部分には医療費がかかってしまいます。

AGAの治療については保険適用外になります。その為、薬だけでなくその他の部分は全額負担になります。プロペシアのみですが、ジェネリックを処方してもらったとしても比較的高いと思う方も多いでしょう。あくまでも一部の例ですが、計算してみますと1か月分の薬代が7000円ぐらいするので、それを半年続けたとすると42000円にもなります。ジェネリックの場合は、1か月約5000円ぐらいなので、半年だと30000円になります。そこに処方料や診察費、必要であれば交通費などもプラスされます

通販の利用で得られるメリット

通販の利用で得られるメリット

しかし通販を利用すると1ヶ月分の料金、プロペシアは約6000円程度で。ジェネリックの場合1400円程度しか必要ありません。この値段の差を見ただけでも特にジェネリックについては10000円もかからずに済むのですから、かなり経済的と言えます。薬代+送料(大体1000円のサイトが多い)のみで購入出来ちゃいます。

また多く購入することで1錠あたりの単価が下がり、さらに安く購入することが出来ます。また規定料金以上購入した場合は送料無料のサイトが多いのでこういったサービスも利用すればより賢く便利にAGAの治療が行えるでしょう。

偽物を販売する悪質サイトにご注意

偽物を販売する悪質サイトにご注意

通販サイトについては、特にこうしたデリケートな問題に関わる薬品については、人気も高いことから粗悪品が出回りやすいという部分も否めません。こうした粗悪品について引っかからない為にも、薬についての説明や、サイトの内容がしっかりしていること、特に商品取引部分でおかしいぞと思う部分が無く、記載が正しくあるところや大手サイトで購入することで回避できると言えます。

基本的にはコスト面から見てもジェネリックよりも先発薬(プロペシアやザガーロ)に見られる傾向があります。タダの小麦粉であったり、チョークを丸めただけのものといった何の成分も含有していないもの。その逆で色々な成分がごちゃ混ぜで含有されている危険なものまであるくらいです。しかも製造されている工場は劣悪な環境という話です。

通販で購入した場合の到着時間

また、購入するにあたっての注意としては、海外からの配送になる為、国内と同じ感覚で商品が届かないという部分になります。
大体1週間ぐらいはかかるので、そのくらいの期間を目安に配送を待った方が良いでしょう。後は、個人輸入に当たる部分なので、場合によっては関税がかかる場合があるという点です。

サイトによってまちまちになる部分なので、関税を含んでいるかどうかは各サイトのヘルプなどを見て気を付けないと、配送時に急な出費をしかねません。関税を払う可能性があるのは大体が万単位の金額の商品を買う場合なので、数か月分の薬の買い物をされる方は注意した方がよいでしょう。