トップへ戻る

AGAの特徴・症状

AGAというワードは、今では一度は耳にしたことがあるでしょう。新聞、CM、電車の中吊りなど、様々な場所でこうした症状で悩んでいる人がいれば、専門病院がありますよという広告はかなり多いと思います。以前はお笑い芸人さんを使っていましたが、今はミュージシャンの方がやっていることで、より「なんだろう」と目を引かれる方もいるのではないでしょうか。

AGAの特徴、なりやすい方

AGAの特徴、なりやすい方

AGAは『Androgenetic Alopecia』を略した名前で男性型脱毛症を表しています。ちなみに女性の場合は、この言葉の前に『Female』を足してFAGAと言い、女性男性型脱毛症と言われています。以前はそんなことが無かったのに、頭頂部や前頭葉部分などをメインに薄毛や禿が進行し、治らない症状を指します。

中高年に多く出やすい症状でもありますが、今では成人男性以降に出やすいと言われていて、かなり幅広い年代で起こっている現象です。つまり20代だからと言って油断してはなりません。その状況により発症してしまう場合もあるんです。

昔から良く言われるのが遺伝ですが、それだけに留まらず頭皮に男性ホルモンが増加することで発症するとも言われています。こうした症状の元となるのが、加齢によるものや、生活慣習の乱れ、ストレスなどが挙げられており、今現代に生きる男性の置かれている環境だと発症しやすい傾向にありそうです。

発症した場合どのような症状が?

発症した場合どのような症状が?

AGAを発症した場合分かりやすいのが先程にも少し触れました頭頂部がハゲてくればほぼ断定していいと思います。またその際、髪の状態も見てみて下さい。髪が短くないでしょうか?細くないでしょうか?AGAは男性ホルモンが原因です。とても強い力を持ち、ヘアサイクルという髪の生え変わりの周期すら乱してしまいます。

そのせいで髪の成長が止まってしまい、長く伸びません。おまけに生えたてのように細いまま。薄毛と言われるのはこの髪質によって頭皮が透けて見えるせいでもあります。決して脱毛だけではないのです。また頭頂部だけでなく生え際もAGAにより脱毛しやすい部分です。俗に言うM字ハゲがそれです。ひどい方は頭頂部や生え際が同時にハゲてしまい、側頭部と後頭部だけ残ってしまう事も。こういうハゲ方をしていればほぼAGAであるといえましょう。

AGAの治療方法

AGAの治療方法

AGAは医薬品に指定されている育毛剤・発毛剤を使い治療を行います。俗に言うAGA治療薬です。その代表的な商品はプロペシアでしょう。初めて国に認められた症状の遅延及び改善薬として販売されていることから、多くの利用者も存在します。また、プロペシアと同じく5α還元酵素阻害薬のザガーロも徐々に人気が出てきています。プロペシアよりも効果が高く、これからのAGA治療薬を牽引する存在になるでしょう。

それ以外だと、市販でも販売されている成分にミノキシジルが使われている外用薬などが挙げられます。通販であればロゲインという商品名で販売されていますが、ドラッグストアなどで購入できる鷲のマークの製薬会社が作っている商品も同様です。成分量に違いがある可能性がありますが、こちらも医薬品として販売されていることから、国から承認されている薬でもあります。更に承認はされていませんが、効果は絶大と言われているミノキシジルタブレット(経口薬)も存在します。

今までの治療方法と今の治療方法

今でこそ先程例に挙げた医薬品に指定されている育毛剤・発毛剤によってAGAに対し絶大な効果を持つ治療が可能となりました。医療の進歩はつくづくすごいな、と感じさせられますね。今までならば根本的な治療など無理でカツラを着ける、植毛をするなどしかなかったのです。

植毛は痛いしお金はかかるしで苦労する割にすぐに抜け落ちてしまいます。費用対効果がとても低い方法でした。それを考えると飲むだけ、塗るだけでこれほど変わってくるものなのだなとしみじみ感じるこの頃です。ただ1つ注意すべきなのは、これらの薬はAGAのみに作用します。他の脱毛症に使っても全く効果はありませんのでご注意下さい。